お知らせ

News

NEWS

いよいよ今週末公演!『GISKE -ギスケ-』本番前通し稽古を実施中!

2019年11月13日

11月16日(土)に本番を迎える舞台『GISKE -ギスケ- ~日本、産業革命の英雄~』。
練習場での練習も残り1回となりました!15日に行われる前日リハーサルでは、本番のステージ「京都府民ホールALTI」へと場所を移し、最終の舞台稽古に入ります。

そんな中、昨日11月12日(火)に通し稽古が実施されました。

鮎川義介氏の半生を2.5時間にギュッとまとめた作品で、とにかく盛りだくさん!1回の練習時間が3時間なので、最初30分で前回のおさらいをし、より良くするために細かい箇所の手直しを行い、その後全編通しで練習を行いました。

お稽古が始まる前の様子

時代背景に合わせ、今回は和装の方が多い舞台となります。本番とは違う衣装になりますが、和装を着た状態での演技に慣れるため、毎回自前の着物を着て練習に挑んでいます。

通し稽古の様子

本番の会場とは大きさが違いますが、練習会場で最初から最後まで通しで稽古を実施しました。
稽古場では、俳優やスタッフが一丸となって作品といちから向き合い、稽古に臨んできました。

練習後、全員で集まり締めの挨拶へ。
本舞台の主催、ジャパントータルエンターテインメントの社長 谷田和幸より

「この作品で一番伝えたいのは【チャレンジしてほしい】ということ。役者の皆さんにとっては舞台で演技をすることがチャレンジになると思います。観ていただけるお客さんに【失敗してもいい、チャレンジして良いよ】ってことを伝えられるように、皆さんは舞台上でチャレンジしてください」

というメッセージが伝えられました。

キャスト・スタッフ一同、この作品に想いを込めながら稽古に励んでいきます。

 

本番は2019年11月16日(土)、昼の部 12:30開演、夜の部 17:30開演の2公演です。ぜひご来場ください!

≫チケットのご予約はこちら

≫公演日時・会場の詳細はこちら

チケットのご予約・空き状況の確認はこちら

チケットチケット購入へ

ページ上部へ